ひかる!しき!ほっかいどう!

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめまして

  作成日時 : 2017/03/16 13:28  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日2017.3.16 初めてプログを開設しました。

実は、ホームページ゙はもう15年前に開設しています。
まだ、パソコンが普及して間もなくのころだったと思います。
その当時、プログなどはありませんでした。
ちなみにホームページのアドレスは、http://www7b.biglobe.ne.jp/~hokkaido-shizen/です。
ぜひ一度見てください。

北海道に住んでいますが、
府県や海外に行っては、
「わぁ〜やっぱり府県は、海外は、すごい」と
はしゃいでいました。

あるとき、ハタと考えました。
府県に行くのもいい、海外に行くのもいいが、
自分の住んでいる北海道はどうなんだ。

「灯台もと暗し」でした。
北海道のことがほとんど知らないことに気づいたのです。

故郷を離れてみて、初めて故郷が恋しくなる、ものです。
自分が生まれ育って暮らしていたときは何も感じなかったふるさと。
離れると恋しくなるのはなぜなのでしょうか。

自分の住んでいたとき「あそこを見ておけばよかった」となるわかです。
あなたはどうですか。

続きは次に書きます。
いずれにせよどうぞよろしくお願いします。

2017.3.18
「失って」初めて、気付く、欲しくなる、恋しくなるのでは。
いつも目の前にあるモノや人には、あまり関心を示さない。
というよりも無意識のうちに受け入れている。
そこにあの人がいるのが当たり前、そこにモノのあるが当たり前、
と無意識に思っている。

これは致し方のないことです。
いなくなって、あるいは失って初めてそのことに気づくのです。
本当は、そこにあるありがたさ、感謝の気持ちを持つことなのですが。
しかし、それは意外と難しい。

もっと書こうと思ったのですが、
行く時間が来ましたので、続きは次に書くことにします。
すいません。

2017.4.1になってしまいました。
時の流れる速さに、驚くばかり。
今日はエプレルフール。
それはどうでもいい。

「失って」初めて気づく続きを書きます。
端的に言ってしまえば「空気」です。
地球上に空気がなくなると大変。
死を意味します。
しかし、何時も普段から空気に感謝しているわけではありません。
空気があるのが当たり前だからです。

何時もうるさい両親が目の前にいる。
何時もけんかばかりしているきょうだいが目の前にいる。
恋人、愛する人が、何時も目の前にいる。

いつも見る風景。
いつも通い馴れている道路。
いつも寄る店。エトセトラ。

そのような状況が変わると急に恋しくなる。
不思議ですね。
なぜでしょうか。

あんなに両親から離れたいと思っていたのに。
喧嘩ばかりしていたきょうだいに二度と会いたくないと思っていたのに。
離れてみて、別れてみて、
初めて気づくのです。

もう少し両親に親孝行しておけばよかった。
お父さん、お母さんに会いたいとなるのです。
けんかばかりしていたきょうだいだけれど、
今はどうしているだろうかと。
不思議ですね。
離れてみて、別れてみて、
初めてそのような気持ちになるのは
なぜなのでしょうか。

これは人間ばかりでなく、モノにも同じことが言えます。
いつもそばにあったモノがなくなる。
いくら探しても見つからない。
大事にしていたのに。
失って初めてそのモノの価値が思い知らされる。

人が、モノが、なくなって、失って、
初めてその価値に気付く。

これはそこにあるのが、当たり前だったからなのです。
「当たり前」とは、そこがスタート地点ということです。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はじめまして ひかる!しき!ほっかいどう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる